×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  あいとうメロンとは

あいとうメロンとは

メロンのお話

『あいとう温室メロン』は、ネットの美しいアールス系マスクメロンです。
最高のおいしさを引き出すために、微妙な水分調整や厳密な気温、湿度にあわせた管理をしています。

(1)鉢上げ後6日頃

(1)鉢上げ後6日頃
種後、12日頃

(2)定植後4日頃

(2)定植後4日頃
本田に定植した直後、根付いた頃。

(3)定植後22日頃

(3)定植後22日頃
50~60cmの草丈。美味しいメロンを作るために丈夫な葉を作る時期。

(4)開花期

(4)開花期
50~60cmの草丈。美味しいメロンを作るために丈夫な葉を作る時期。

(5)開花後7日頃

(5)開花後7日頃
タマゴくらいの大きさで1個に摘果する。

(6)開花後16日頃

(6)開花後16日頃
メロンにひび割れが出てきました。美しいネットはここが出発点です。

(7)開花後22日頃

(7)開花後22日頃
ひび割れが次第に盛り上がり、ネットはだんだん完成していきます。

(8)収穫直前

(8)収穫直前
出荷も間近になり、甘さもぐ~んと上がり、いよいよ明日は収穫です。

検査・選別・販売

あいとう温室メロンは、お客様にお届けするまでに、厳密な検査・選別を行い、出荷しています。

検査

検査
各組合員のメロンは等級、ネット、量目などをチェックし非破壊糖度計により糖度、肉質を厳正に検査します。

選別

選別
検査でクリアした秀品のみをお客様にお届けします。

販売

販売
メロンの直売開始から35年目を迎え地元滋賀県をはじめ県外からもたくさんのお客様にお買い求めいただいております。組合員が直接店頭に立ち、お客様と会話しながら楽しく販売しています。ご来店お待ちしております。

おいしく食べるには

メロンは食べ頃がとても大切な果物です。
ちょうど良い食べ頃になった時に、冷蔵庫で2時間位冷やしていただきますと、より一層おいしくお召し上がりいただけます。

食べ頃を見分けるポイント1

食べ頃を見分けるポイント1

メロンをよく観察してください。食べ頃が近づくと以下のような変化がおこってきます。

  1. 表皮の色
    薄い黄緑色から次第に黄色みが強くなってきます。
  2. 香り
    果物独特の良い香りがしてきます。
  3. お尻の変化
    メロンの下部(お尻のところ)を指で押さえてみて、少しやわらかい感じがしたら食べ頃です。

食べ頃を見分けるポイント2

食べ頃を見分けるポイント2

メロンは、収穫してから熟し始めます。
そして、ちょうど良い熟れ具合の時に食べるのが、最も大切なポイントです。

通常は、採果日から7日前後で、食べ頃となりますが、保管場所の状態や気温などで変わることがあります。また、メロン個々にも多少の差があります。

「あいとう温室メロン」には、ひとつひとつに、採果者が食べ頃を記入したラベルがついていますので、食べ頃の目安としてお召し上がりください。